画像

赤い羽根共同募金

共同募金のしくみ*赤い羽根共同募金

共同募金のしくみ

ホーム > 共同募金のしくみ


共同募金会はみなさんが集めた大切なお金を福祉施設やボランティアの人たちの希望をもとに配分しています。

組織図

中央共同募金会

都道府県共同募金会との連絡や、全国的な企画立案、資料収集や研究調査を行っています。

都道府県共同募金会

みなさんの町の施設や団体からの希望をもとに募金の目標金額の設定や配分を決定します。

市町村共同募金委員会

みなさんの町や村にあり、町内会・ボランティア・青年団・ボーイスカウト・学校のみなさんが運動に参加しています。

募金会のルール

民間性
私たち地域の住民が進んで行う活動です。
地域性
各都道府県別に募金を集めることから、各施設に配分するまでを行います。
計画性
みなさんの町で必要な募金額を調べ、配分を計画して募金活動を行います。
公開性
募金について知りたいことがあれば、誰でもどんなことでも知ることができます。
また、みなさんが募金をしようという気持ちのもとに行います。
参画性
募金についてよく理解し、協力しようと思われたボランティアの人たちが、力を合わせて活動します。
福祉教育の普遍性
たくさんの人に募金について良く分かってもらい、興味を持ってもらえるように、保育園や学校の生徒のみなさんのボランティア活動をはじめ、福祉についてもっと勉強をすることができるようにします。

どうやって集めるの?

何に使われているの?


ホーム > 共同募金のしくみ